ダイエット中は「歩き方」でポッコリお腹解消!

ダイエットの一つの手段として、有酸素運動の代表格である「ウォーキング」がありますよね。

日頃、仕事中や移動中、通勤・通学から、電車に乗っているときにまで気をつけたいのが「歩いているときの“歩き方」なんです。

ポッコリお腹の人に共通しているのが、「歩き方」がきちんとしていないということだからなんです。

 



◆巻き肩矯正ばかりに意識を置く歩き方はNG?

猫背の人に多いのが、「巻き肩」ですよね。

肩自体が前に出ていることが多く、歩いているときも猫背になりがちなので「巻き肩矯正」ばかりに意識がいきがちです。

もちろん、巻き肩を意識し矯正して歩くことは大事なのですが、もっと大事なのが“歩くときの腕振り”。

巻き肩ばかりに意識を置いてしまっている結果、しっかりと正しい腕振りで歩くことができていないと猫背は矯正しにくいんです。

猫背が続くと、「ポッコリお腹」を解消することはできませんよね。

 

◆脇が開いた歩き方は猫背の原因にも

女性は基本的に筋力が男性と比べると弱いので、歩くことに疲れてくるとどうしても“脇が開く歩き方”になってしまいやすいんです。

特に、パンプスやヒールを履いて歩いているときは、バランスを取って歩こうとするので脇の開きがひどくなりがちです。

脇が開く歩き方だと、猫背がなかなか解消できず、肘から上も疲れてきて結果的に猫背に戻ってしまいやすいんです。

なので、巻き肩を意識していても上半身が疲れてきて、結果的に全身を使った歩き方が難しくなりがち。

しっかりと脇を締めて歩くということも、正しい歩き方として大事ですよ。

 

◆肩甲骨を意識した歩き方がベスト

ポッコリお腹の人に共通するのが「胸の強調」が足りないということ。女性の場合、バストの重みで猫背になるという方もいるでしょう。

「胸を張って歩く」とはよく言ったものですが、胸を張って歩くには「肩甲骨の動き」をしっかりと意識することが大事なんです。

モデルさんはとにかく「歩き方」がきれいなのは、肩甲骨からダイナミックに歩くことが理由。

肩甲骨から腕を振るような意識で歩くことを意識して、猫背防止でポッコリお腹を解消してみましょう。

 

まとめ

日頃の歩き方でダイエット効果も期待できます。

ただし、しっかりと「正しい歩き方」を意識することが大事です。巻き肩の矯正と同時に大事なのが、

  1. 脇を締めて歩くこと
  2. 巻き肩ばかりに意識を置かないこと
  3. 肩甲骨から動かすような腕振りでの歩き方
なんです。

姿勢矯正も同時に可能なので、美容にもよい歩き方で、ぜひポッコリお腹を解消してくださいね。