どうしてもお菓子やスイーツが食べたいときの対処法

スイーツ

女性にとってスイーツはストレス解消にうってつけですよね!

でも、ダイエット中の身にとっては「悪魔のささやき」でしかないのが、お菓子やスイーツ。

「食べたい!」と我慢できないときの対処法は、どうすればいいんでしょうか?

 



◆スイーツは絶つより「食べる日を決める」

スイーツを「絶つ」ということは、ストレスの原因になってダイエットのモチベーションも低下してしまいます。

特に、有酸素運動やカロリーコントロールをしている状況では、甘いモノやスナック菓子はまさに「欲望のかたまり」。

いきなりスイーツを絶つというのは、ダイエット自体を辞めてしまう可能性も高いんです。

なので、「運動を合計10時間したら食べる」とか「土曜日の夜だけ」と、食べる日を決めることも大事ですよね。

 

◆お腹がすいたときの対処法は「炭酸水」

スイーツやスナック菓子が食べたくなるのは、お酒を飲んだ時やお腹がすいた時。

でも、そんな状況で「誘惑」に負けてしまえば、せっかくのダイエットも水の泡になってしまいます。

どうしても空腹に耐えることができないときの対処法が「炭酸水を飲むこと」。

炭酸水の炭酸効果でお腹をふくらませ、水分を摂ることで空腹をまぎらわすという「炭酸水ダイエット」も流行っていますよね。

味気がないときは、カロリーの低いレモンフレーバーを足すなど工夫してみては?

 

◆お菓子やスイーツより「肉」をドカ食い

糖質制限ダイエットや、炭水化物抜きをしていると頭もぼーっとしてくるのでおすすめできません。

そんなときに目の前にスイーツやスナック菓子があれば、手を出してしまう可能性は大でしょう。

そんなときのために、予め「豚肉」や「牛肉」を焼けるように準備をしておいてはいかがですか?

「お肉ダイエット」というダイエットもあり、お肉はたんぱく質はふんだんに含まれていますが、炭水化物で太るということは免れます。

グラビアアイドルの佐野ひなこさんも、「肉食べ放題」をしている一人。なのに、あのウエストのキープ力がすごいですよね。

お肉で「スイーツ&お菓子の欲望」を紛らわしてみてはいかがですか?

 

まとめ

基本的に「食べなれければ痩せる」と言いますが、飢餓状態になると頭も体も動きません。

スイーツやお菓子を食べたい衝動かられるときは、炭酸水ダイエットやお肉ダイエットで欲望をごまかしてみては?

ダイエットも「継続」が大事なので、途中であきらめそうなときも諦めないようにしましょう。