炭水化物抜きダイエットが痩せない理由

劇的な体重の減りはあるものの、継続ができなければほぼ意味がないのが「炭水化物抜きダイエット」ですよね。

しかもこの炭水化物抜きダイエットは、ほぼ”続かない”というダイエットなので、逆にリバウンドで太ってしまうことも多いんです。

炭水化物抜きダイエットで痩せない理由はきちんとご存じでしたか?

 



◆人間は食べなければ勝手に痩せる

当たり前のことと言えど、食べなければ痩せますよね。

重度の摂食障害の人は、足までガリガリ。水しか飲めないなんて人も中にはいるんです。

特に多いのが、モデルを専業としている女性が「痩せたいのに、どんどん太っていく」という状況のときです。

生理が重なったり、イライラがたまったりの「ストレス太り」により、さらに「食事を止める」という過激なダイエットがきっかけで摂食障害になることもめずらしくないんです

モデルの方で指に「吐きダコ」がある人は高確率で摂食障害だともいえますよね。

 

◆炭水化物抜きダイエットが続かない理由

炭水化物抜きダイエットは、ほぼ続きません。

これは、人間がエネルギー源として炭水化物をもとにアクティブに行動できるからなんです。車でいえば「ガソリン」の役目をしているのが炭水化物からのエネルギー、いわゆる糖質ですよね。

ただ、中には生活の中に炭水化物が一切ないという人も極稀にいます。

たとえばGACKTさんは「米」や「パン」は一切食べないことで有名ですよね。その分、たんぱく質と脂質は多めに摂り、トレーニングにも余念がないなど工夫はしているんです

また、完全に炭水化物を抜いているわけではないからこそ、アクティブな行動ができます。

それを我々一般女性がやってしまえば、間違いなく”挫折”してしまう結果になるのは、炭水化物を完全に抜くと一時的に飢餓状態が続くからなんです。

立ちくらみや生理の乱れ、PMSの悩みや吐き気なども襲ってくることもあるので、健康面で危険だからこそ「続かない」というのも、炭水化物抜きダイエットの弱点だったりします。

 

◆炭水化物抜きダイエットよりも糖質制限ダイエットがマシ

基本的には、”しっかり食べて”、”しっかり運動をする”といった健康的なダイエットが王道といえるものの、運動することが苦手という方もいますよね。

もし今から炭水化物抜きダイエットをしようとしている方がいるのであれば、どちらかといえば「糖質制限ダイエット」の方がマシです。糖質制限ダイエットの場合、完全に炭水化物を抜くという選択肢はNGです。

知っておきたいことも数点ありますよ。

  1. 今の自分の体重とBMI
  2. 体重を減らしたい or 見た目がスリムになればいい
  3. 一日の基礎代謝量
特に3の「一日の基礎代謝量」を知っておくことで、一日にどれぐらい食事量を摂っていいかの目安になりますよね。

レコーディングダイエットも流行っていますが、いかに自分自身の「消費カロリー」と「摂取カロリー」を知ることができるかが、糖質制限ダイエットのコツだともいえるんです。

 

まとめ

炭水化物抜きダイエットはかなり健康面で危険が伴います。なので、行うとしても限定的なものにしてくださいね。

どうしても短期的にダイエットしたい場合は、しっかりとたんぱく質と脂質を摂取しつつ、「糖質制限ダイエット」で炭水化物を食べすぎないようにする、という意識で取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

<関連記事(Lomero)>

糖質制限ダイエットは危険!ダイエットハイが拒食症などを合併することも