失恋をきっかけに激太りした体をダイエットで戻すには?

女性に多いのが、失恋をきっかけにして激太りすること。

特に女性の場合は男性よりも“ストレスを感じやすい”といわれていて、激太りのきっかけが失恋によるストレスだという人も少なくないんです。

うまく失恋のダメージからの激太りを解消するにはどうすればいいんでしょうか?

 



◆失恋して激太りしやすいメカニズム

女性が失恋して激太りしやすいのには「摂食障害」が大きく関係していることが多いですよね。

失恋したては心のダメージを体がうまく受け止められず、食欲がなくなるといったことから「拒食症」になる人も多いんです。

やっかいなのが、「拒食症」と合わせて「過食症」になること。

拒食症の波が終わったと思えば、とにかく過食やお酒の力で自分を“平常心”に保とうとするのが、悪循環の始まりなんです。

 

◆場合によっては「薬太り」になることも

薬太りでなかなか痩せない……。

そんな状況になるまでに“心を病んでしまう”という人も急増していますよね。失恋だけじゃなくて、離婚問題や家庭問題など主婦の人の「薬太り」も急増中。

メンタルヘルスを解消する薬の中には、食欲を増進するものもあるので、ついつい食べ過ぎということになることも。

もちろん“食べない”よりはいいものの、健康になった時に気になるのがお腹周りの脂肪。

薬太りを解消するには、時間をかけて「基礎代謝量」を上げるのが正解なんです。

 

◆ダイエットの効果が出る目安は3ヶ月から

基礎代謝量を上げるには、もちろん運動が必要不可欠。

まずはウォーキングから徐々に体を慣らしつつ、可能であればスポーツジムなどで筋トレなどをして「有酸素運動+無酸素運動」を軽めに行うことから習慣づけていくことが大事なんです。

ちなみに体重が面白いように減っていくには、3ヶ月は最低でも運動を継続することが大事。

もちろん、炭水化物を減らすといったカロリーコントロールも大事なものの、まずは“脂肪燃焼しやすい体質づくり”が大事。

ダイエットでリバウンドしないためには、まずは基礎代謝量を上げるのが大事ですよね。

運動でダイエットに成功すれば、自分への自信もついてくるもの。気付けば「失恋のショック」なんて吹き飛んでいること間違いなしです。

 

まとめ

ちなみに順番としては、「無酸素運動」で筋トレしてから、「有酸素運動」で脂肪燃焼をさせるのが効果的な順番。

好きな筋トレマシンで30分運動し、有酸素運動で30分とうのを最低3ヶ月は継続してみてください。

きっと魅力的なスタイルになっている可能性大ですよ。

 

画像

http://s.eatthis-cdn.com