小室哲哉 KEIKOの介護疲れが限界だった…音楽活動引退

小室哲哉 引退 理由

小室哲哉さんが引退会見をし、「音楽活動引退」を表明しましたね。

もともと小室哲哉さんも「C型肝炎」で、そのストレスで突発性難聴になった状態なんです。

しかも、KEIKOさんの「介護疲れ」はかなり大きなものなんです。

 



◆KEIKO くも膜下出血の後遺症「高次脳機能障害」

小室哲哉 不倫 看護師

仲睦まじい姿が印象的だった小室哲哉さんとKEIKOさん。

ただKEIKOさんは、2011年にくも膜下出血を患い、その後はKEIKOさんが高次脳機能障害といった後遺症に苦しんでいるんです。

  • 人とのコミュニケーションが取れない
  • 苛々しっぱなし
  • 日常生活すらできない状態になる
  • 言語コミュニケーションが取りにくい
  • 性格が変わったようになる

傍目から見れば健常者のようですが、実際にはかなりの難病だったりしますよね。

 

◆小室哲哉「心身の限界」が引退理由

小室哲哉 引退 理由

「老老介護」が話題になるものの、まだ若い小室哲哉さんも気持ちは同じかもしれません。

家族しか支えることができない「介護」。

ただ、小室哲哉さん自身も病状に苦しんでいるように、心身ともに限界だったそうなんです。

今回の引退は、小室哲哉さんの病状の悪化と、KEIKOさんの介護疲れの限界が訪れた結果なのかもしれませんね。

 

【画像出典/参考】

小室哲哉 引退理由は「不倫」ではない…心身の限界か