禁酒ダイエットに効果はあるの?

ダイエットを続けたいけれども、なかなか痩せない。そんな人の中に「お酒好き」の人が多いです。

実はお酒で太るのは「カロリー」だけじゃないのがやっかい。

禁酒ダイエットは実際に効果が出るまで、どれぐらいの期間が必要なのでしょうか?

 



◆禁酒ダイエットが必要なのは「つまみ食い」を避けたいから

アルコールが入ると、食欲がわいてきますよね。アルコールが入ると食欲がわくのは、胃が刺激されて胃腸の血流がかっぱつになるからなんです。

お酒が好きな人は、ついつい“つまみ食い”で、チョコレート、スナック菓子、ご飯前のおかずなどを食べてしまいがちになりますよね。

これはもちろん、ダイエットにはNG。絶対に太る原因になってしまいます。

つまみ食いだけでも、スナック菓子+チョコレートだけで1000kcal行くのは簡単なもの。それに引き換え、女性であれば一日の基礎代謝は1000kcal~1300kcalが平均なので、一日の基礎代謝量分のカロリーを「つまみ食い」だけで摂取してしまうこともありえますよね。

 

◆お酒のカロリーだけがダイエットの敵ではない?

「つまみ食い」しなくて、「適量のお酒」であればいいんでしょ?と思われがちですが、実はお酒で太りやすいのはカロリーが原因なだけではないんです。

お酒を飲むと、アセトアルデヒドという物質が出ることはご存じの方が多いですよね。

このアセトアルデヒドを分解するために、肝臓がフルに働いてしまうことで“脂肪分解のための酵素”の働きが鈍くなってしまうのが原因でもありますよ。

なので、お酒が好きな人は脂肪が蓄積される結果、お腹の下っ腹がポッコリという方が多いんです。

「お酒だけ」と思っていても、実は肝臓の働きを鈍らせる飲酒はダイエットに大敵なんですよね。

 

◆お酒がだめなら「豆乳甘酒ダイエット」を

「豆乳甘酒」ってご存じですか?

TVでも放送されて、Amazonでもすぐに売り切れになってしまった「豆乳甘酒」は、新陳代謝アップにいいとされて“ダイエット効果”も高いと言われているんです。

「お酒」はだめでも、「豆乳甘酒」ならローカロリーで肝臓にも負担がかからないので、ダイエットにおすすめできますよ。

ちなみに市販やネット販売もあるのですが、自作もできるのが豆乳甘酒。

用意するもの

無調整豆乳: 130ml

米麹甘酒: 大さじ3

簡単な作り方

豆乳と甘酒を混ぜる→レンジで2分ほどチン♪

出典:豆乳甘酒がダイエットに最強な理由

超お手軽ですよね!

 

◆禁酒ダイエットに必要な期間ってどれぐらい?

アルコールが好きな人にとってはつらいですが、禁酒ダイエットを継続するには最低でも1ヶ月ほどは必要です。

継続すると考えると、数ヶ月以上は覚悟したほうがいいかもしれませんね。

ただ、アルコールが生きがいなんて人もいるでしょうから、そういう人は“少しずつ量を減らす”というのもおすすめです。

いきなり「断酒」をしてしまい、ストレス太りしてダイエットにならなければ意味がありませんよね。

ただ、いきなり「断酒」でおもいきってダイエットを頑張るという意気込みは大事なものです。

お酒はダイエットに悪ということを忘れず、思い切って禁酒ダイエットを開始してみてはいかがでしょう?

 

まとめ

禁酒ダイエットには「我慢」や「忍耐」が必要な人もいるでしょうが、禁酒ダイエットを続けることで「むくみ」なども取れてくるので、健康効果・美容効果も高いんです。

もし禁酒ダイエットでストレスがたまりがちなら、“体を動かす”というのはストレス解消にもうってつけなのでおすすめです。

特に、ジョギングなどの軽い運動は汗もかけてダイエットで一石二鳥。

禁酒ダイエットと合わせて、軽い運動も開始してみてくださいね。

 

【画像出典】

https://www.lomero.net