肩甲骨ダイエットで血流スッキリ!

肩甲骨ダイエット

「肩甲骨ダイエット」って聞いたことはありますか?

実は現代人が太りやすく、痩せにくいのは“上半身のかたさ”も原因だったりするんです。

というのは、PCやスマホを使うことが多くなっているから。肩甲骨ダイエットでうまくリンパの流れを良くして、代謝アップでスリムになりやすい体質を作りませんか?

 



◆肩こりの人は効果的!肩甲骨ダイエットでリンパの流れを促進

肩こりで悩んでいる女性の多くが、肩甲骨周りの筋肉がかなりカチカチです。

肩甲骨周りが動きにくいと、そのまま筋肉が硬直して血流が悪くなりがちになります。つまり、老廃物が溜まりやすい体質になるということなんです。

老廃物がたまりがちになると新陳代謝も悪化するので、いくらダイエットを頑張っても体内に毒素がたまりがちで非効率。

肩こりの人は、リンパの流れを促進するという意味で“肩こり解消”と“ダイエット効果”が得られ、まさに一石二鳥なんです。

 

◆肩甲骨ダイエットでおなじみなのは「ウォーキング」

肩甲骨ダイエットでおなじみなのがウォーキング。

でも、ただ歩くだけでは効果が薄いので要注意です。ポイントは、肘から肩甲骨が大きく動くことを意識して、大きく腕を振りながらウォーキングすること。

まるで肩甲骨に羽が生えているような感覚で歩くことで、肩甲骨周りの筋肉がほぐれやすくなるんです。

しっかりとウォーキングした後は、入浴でストレッチをすると完璧です。

 

◆実は水泳が最強!クロールで肩甲骨ダイエットを

肩甲骨ダイエットで最も効率がよく、ダイエット効果が高いのが水泳での「クロール」なんです。

クロールは肩甲骨をしっかりと動かすので、肩こり解消にも最適。

しかも、水泳はとにかく“痩せやすい”と女性からも好評なダイエット方法ですよね。

泳げないという人も、水中ウォーキングでしっかりと肩甲骨ダイエットを心がければバッチリなんです。

 

◆デスクワーク中は30分に1回は肩甲骨を動かす習慣を

「肩こり解消」にも、「ダイエット効果」も高いのが、デスクワーク中の肩甲骨体操。

体操といっても、肩甲骨をグルグルと回すだけの習慣をつけるだけなのでお手軽ですよね。

肩甲骨を旋回させるのは、できれば30分に1回は行いたいところ。周りの目は気にせずとも、ゆっくり動かすだけでも効果は大きいですよ。

 

◆肩甲骨ダイエットのコツも「継続」

凝り固まってしまった肩こりだと、老廃物が溜まりがち。なので、なかなか血行が改善するということもないんです。

しっかりと肩甲骨ダイエットを意識して、毎日肩甲骨を動かす意識を持ちながら継続するのが、肩甲骨ダイエットで大事なこと。

面倒だと思わず、自分なりのライフスタイルで肩甲骨ダイエットを意識してみてくださいね。

 

まとめ

肩甲骨ダイエットのコツは、とにかく継続することですよね。

  1. ウォーキングで肩甲骨ダイエット
  2. クロールで肩甲骨ダイエット
  3. デスクワーク中は肩甲骨体操を意識
  4. 継続を意識する
肩こり解消にもなるので、冷え性に困っている女性にもおすすめ。ぜひ、肩甲骨ダイエットで新陳代謝アップを目指してくださいね。