初詣のお参りの仕方やお賽銭・本堂での拝殿

年末年始 過ごし方

初詣はカップルで楽しむという人も多いのではないでしょうか。

せっかくの新年。二人の相性を占う&祈願する意味でも、しっかりとお参りの仕方を学んでおきましょう。

 



◆初詣 お参りの仕方は「口すすぎ」からおさらい

初詣 お参りの仕方 口すすぎ

お参りの仕方で大事なのが「口すすぎ」。

「え・・・汚いし!」という人は、お参りでバチが当たるかも!?

口すすぎでは、しっかりとした順序をおさらいしておきましょう。Lomeroにも詳しい方法が載っています。

  1. 手水舎の前で軽く一礼
  2. 柄杓は右手から持つ→左手に水をかける
  3. 左手に柄杓→右手に水をかける
  4. また右手に柄杓を持ち水をすくって、左手に水を溜める
  5. 左手に溜まった水を口に含む(柄杓からの直接な水移しはNG)
  6. 水を吐くときは、左手で口元を隠す
  7. 右手で柄杓を持ち、左手を洗うように清める
  8. 柄杓の「柄の部分」をきれいにするために柄杓を立てる
  9. 水を残さず、元の場所に戻す

意外と正しい方法を知らない人も多いかも。

 

◆お賽銭はいくら?お参りの仕方で迷う金額

初詣 お参りの仕方 お賽銭

お賽銭の金額、迷いますよね。

諸説あるものの、やはり5円を絡ませた金額が無難といえるでしょう。

逆にだめなのが、「10円だけ」や「500円だけ」という金額です。

諸説あるものの、「5円」や「穴あき硬貨」が良いと言われていて、「10円だけはNG」というのは有名ですよね。

 

◆本堂での拝殿は正しくできてる?参拝で大事なお参りの仕方

初詣デート

意外とできてないという人が多いのが、お参りの仕方。

本堂で、なんとなくお賽銭を入れて、なんとなく手を合わせてる人のほうが多いでしょうが、正しいお参りの仕方を学んでおきましょう。

  1. 一礼して拝殿(はいでん)
  2. 浅めのお辞儀をしてお賽銭を投げる
  3. 鈴を優しく鳴らす
  4. 二礼→二回手を叩く→一礼
  5. 祈願

 

新年のいいスタートを切るために、きちんと「初詣でのお参りの仕方」は知っておいた方が良いですよね。

よい一年にしてくださいね。

 

<画像・参考>

初詣 お参りの仕方で「女子力」が問われる!正しい参拝を

初詣 Wikipedia