停滞期の焦りも!ダイエット時に気をつけたい「強迫観念」

ダイエット 停滞期

ダイエットを続けていると、体重が減らない時期って誰しもがくるもの。

いわゆる「停滞期」は悩みがちな人も多く、強迫観念が強い人は摂食障害になるパターンも多いですよね。

でも、この強迫観念+摂食障害は、ダイエットでは要注意な理由があるんです。

 

◆停滞期に訪れる「痩せない焦り」

ダイエットの停滞期では、なかなか体重が落ちないので焦りが出るもの。

それまでスルスル落ちていた体重が、急に落ちなくなったという経験をした人はいませんか?

こういった停滞期は、ダイエットに順調な人でもおとずれやすいんです。

痩せない焦りは、いつしか摂食障害になってしまいますよね。

 

◆摂食障害になりやすい「停滞期の焦り」

停滞期の焦りで陥りがちなのが「摂食障害」。

中には「水しか飲みたくない」という状態になる人もいて、これが続くと食事がまったく出来てないという状態にもなるんです。

停滞期の焦りで摂食障害になると、「拒食症」がいつしか「過食症」になり、食事をしても吐きグセがつく人もいて、そのまま食事がスムーズにできなくなる可能性もあるので要注意。

逆に太ってしまうこともあるんです。

 

◆停滞期になっても焦らないコツ

停滞期の焦りはダイエットに熱心な人が陥りがち。

「これほどカロリーコントロールしていて、これだけ有酸素運動していても痩せない」という状態は、何も焦る必要はありません。

それまでスルスルと体重が落ちていたのは、基礎代謝量以上+運動量+食事制限で、落ちやすい贅肉が落ちていた証拠。

人間は生存本能が強く、無意識に脂肪を体に残そうとするので、あまりに飢餓状態が続くと「これ以上、痩せてはだめだ」と脳の信号が体に送られることもあるんです。

そういった状態がいわゆる「停滞期」とつながっているので、体重が落ちにくくなると、急に食事制限をしてしまうという人もいますよね。

でも、あまりの食事制限は「代謝の低下」につながるので、長期的に見れば“痩せにくい体質”になりがち。

あせらないで、「長期的なダイエット」を忘れないことが大事なんです。

 

まとめ

色々なダイエット成功者の多くも、ダイエット時の停滞期や摂食障害、焦りに悩まされたという経験者が多いんです。

その多くが、焦っても「諦めなかった」ということ。

特に、継続的な運動はいつかまた停滞期を抜け出す秘訣になるので、焦らずダイエットを続けてくださいね。

摂食障害で「食べなくなるダイエット」に陥ると待っているのは、「痩せにくい体質」で、結局遠回りになるので要注意です!

<画像>

https://pbs.twimg.com

 

<姉妹サイト関連記事>

過食症?「食べ過ぎ」と「うつ状態」には関係があった