血流が悪いのに「ケアなし」が3割!冷え性なのに…?

血流が悪いのは“冷え性の大きな原因”になりがちですよね。

寒さで体がかじかみ、何をしていても体が温まらないという人も多いはず。

きちんと血流の悪さを解消する「ケア」をしておきたいものの、3割以上の女性が「対策なし」で血流の悪さを放置していたりしますよね。

 



◆血流が悪いのに無対策!冷え性の対策ができていない女性3割…

寒すぎる 対策

血流が悪いことで起こりやすい“手足の冷え”。

血流の悪さがひどい人ほど、「布団に入っても、足が冷えたままで眠れない」なんて悩みを持ちがち。他にも、仕事中には手足が冷えて体が全く動かないなんて人も多いんです。

ちなみに、血流が悪いことで「ケア」ができていない女性は約3割にも登るんです。

血流をよくするために実践している具体的なケア方法を聞いたところ、「マッサージ、ツボ指圧(45.1%)」が最も多い回答となった一方で、次いで多かった答えが「何も行っていない(32.0%)」という結果となり、血流が重要であることを理解しているにもかかわらず、約3割の女性が全く血流ケアをしていない『血流おブス』であることが判明しました。

Ref:血流ケアを全くしていない『血流おブス』が約3割いることが判明!

確かに、いくら体調が悪くても“何をしていいかが分からない”という人は多いですよね。

 

◆「血流おブス」を解消する様々な方法で冷え性改善

冷え性解消

“血流おブス”なものの、何をしていいか分からない人や、何をしても続かないなんて人は多め。

とは言え、しっかりと血流ケアをしないと“体の冷え”は深刻なことになりやすいんです。

血流ケアは「生活リズム」を整えることが大切なものの、「身近な運動」でも解消したほうがいいですよ。

例えば、かかと上げは手軽にできる運動。でも、しっかりと血流ケアができることがおすすめなんです。

ジョギングがつらいなら、早足でウォーキング。ふくらはぎのマッサージが面倒なら、オフィスで足首をクルクルと回すだけでも効果大。

「その場スキップ」なんて方法もあり、足の冷え対策が面倒だと感じる人でも手軽にできることって多いですよね。

また、入浴習慣をきちんとつけることも“血流おブス”の対策になるのでおすすめですよ。

 

寒い冬だからこそ、しっかりと血流のケアを意識することが大切です。

きちんとした冷え性改善を行いましょう。

 

<画像>

寒すぎる対策がプチプラで実現!寒気対策で体を温める方法