CATEGORY 時事

時事

日大タックル被害者「被害届提出」で刑事事件に発展か

「辞意」を表明した内田元・監督の謝罪は、関学側にさらに「いらだち」を覚えさせたという状況に、とうとう“タックルされた被害者”が警察に被害届を提出したんです。
もともと「インプレーでの事故」という言い分を主張したい日大側とは違い、あくまで説明責任を追求してきた関学側の願いは虚しく、「書面での回答」に誠意を感じることができなかったんでしょうか?
実際に日大タックルの被害者が「被害届」を提出することで、傷害罪での刑事事件に発展する可能性も高まったんです。
刑事事件に発展することで論点が集まりそうなのが「イ…

時事

職場でのパワハラとモラハラの原因!「不機嫌な上司」

「仕事に行きたくない」という人の多くが、職場での人間関係に悩んでいると言われます。
そもそも知らない人同士が集まる職場に、一日数時間以上も同じ時間を共にするということ自体が“ストレス”。
とは言え、会社に行かなければいけないという声は当然でしょうし、女性でも今は「働きに出るのが当たり前」という雰囲気すらある社会。
職場で悩みがちな「パワハラ」と「モラハラ」は似たような事例がありますが、多くの原因が「不機嫌な上司」によるものが多いんです。
つまり、不機嫌な上司に求められるのが「不機嫌にならない空気」で…

時事

熟女売春「であい熟」に求められた老人同士の繋がり

話題になっている「であい熟」の代表者が逮捕されたのが、69歳の女性を69歳の男性客に「売春」させていた事案ですよね。
男性向け性サービスには様々なジャンルがあると言われているものの、ネット上では「であい熟」の存在に色々な意見が相次ぐ状態。
であい熟はもともと熟女を在籍させていたのが人妻中心というものの、逮捕された事案が「69歳女性の売春」という強烈な闇があるんです。
 
◆表向きは「人妻専門デリバリー形式」のであい熟

By:であい熟
であい熟のサービス内容はまさに“濃厚”の一言。
平均年…

時事

集団パニックの仕組みは「感情の伝染」?SL広場女子高生も

新橋駅前で起こった、女子高生による「集団パニック」は過去にも事例がたくさんあるんです。
2013年には兵庫県の高校で「女子高生集団パニック」が起こったとされ、またアフリカでは“笑いの連鎖”が起こるような集団パニックもあるんです。
集団パニックの仕組みは単純で、人間同士の“感情の伝染”で起こりうる出来事が多いですよ。
日本では「コックリさん」のような事例がありますが、世界中でも様々な事例があるんです。
 
◆SL広場騒然!女子高生の「集団パニック」では何が起こったか

通行人も驚きの連続だっ…

時事

ナンパ塾・リアルナンパアカデミーのような悪徳セミナーの正体

女性からすれば、「今どきナンパはない」という人から、「酔ったときは何となく声をかけてもらえると嬉しい」という気分になる人まで色々ですよね。
ただ、ナンパ塾・リアルナンパアカデミーの受講生のように「泥酔させて強姦」というのは、悪質すぎる犯罪行為。
リアルナンパアカデミーでは「性犯罪」についての受講科目もあるはずなのですが、実際には逮捕者が出ているのが現実に。
しかもナンパ塾・リアルナンパアカデミーはけっこう、高額なセミナーだったりするんです。内容が悪質だったのかも気になりますよね。
 
◆ナ…

時事

テレ朝女性記者のセクハラはハニートラップなのか?

「福田次官のセクハラは紛れもない事実」と主張したのが、テレビ朝日社員。
記者会見で、辞任の福田次官に「断固として抗議する」という発言にもあるように、セクハラ自体は紛れもない事実というのが主張点なんです。
ただ気になるのが、「もみ消される可能性」を考慮して、第三者である週刊新潮に「録音テープ」を売ったところ。
報道記者として「自社よりも第三者に情報開示」という目線もあり、著名人も「これはハニートラップではないか?」と騒ぎ立てるほどの状況になっているんです。
 
◆高須院長も激怒!「これはハニ…

恋愛

米山知事 ハッピーメールで買春!? 出会い系サイトの危険性

50歳の独身でありながら「女性との関係」を持ったことで辞職した米山知事。
その経緯に注目が集まっていたものの、文春によれば米山知事が出会い系サイトのハッピーメールで出会っていたことが判明。
ハッピーメールのみならず、実は出会い系サイトは害悪な場所と言われるのが、男性と女性の欲望が入り乱れた場所だからなんです。
 
◆男性=「したいだけ」のユーザーばかり

米山知事は“純愛”を求めていたような「涙の記者会見」だったものの、米山知事といえども“男性のサガ”には逆らえなかったよう。
そもそも昔は…

時事

「介抱中美人局」に注意!勘違い&痴漢冤罪のような被害も

「女性社員を介抱中の男性が、女性の彼氏に暴行され重体」
こんな“勘違い”が起こりうるものの、実は裏社会では「美人局」でこういった手段を用いる人もいるんです。
日曜日の朝方、女性が道端に崩れているとき、ある男性が“介抱”したことで訪れた悲劇もあったんです。
 
◆女性社員の介抱は要注意…!? 彼氏が「勘違い&暴行」

すでに『介抱中を勘違い 彼氏に殴られ上司意識不明』で報じられているものの、女性社員を介抱していた男性が、女性の彼氏に顔を殴打されて重傷を負った事件が話題なんです。
よほど泥酔し…