仮想通貨ビットコイン暴落 ロスカットの連続に

サーキットブレーカーも発動したのが、仮想通貨ビットコインなどの取引が可能なビットフライヤー。

仮想通貨ビットコインが暴落し、他の仮想通貨もロスカットの連続の被害を受けた人も多いんです。

ロスカットの連続で、気絶気味の人も多いのでは?

 



◆仮想通貨ビットコインを代表に…ロスカットの連続で阿鼻叫喚

ロスカットは、一般的に保有の資産50%を切ってから決行されるもの。

ただ、今回の仮想通貨バブルの崩壊による「下げ」が圧倒的な速さで、業者の機能も全く手助けにならなかったんです。

まさにネット上は阿鼻叫喚地獄になっていますよね。

 

◆仮想通貨バブルは本当に崩壊する?一時的な調整かも?

サーキットブレーカー中は、まさに「地獄」。今回の暴落で「もう仮想通貨には手を出さない」という人も増えそうですよね。

実際に、今回の大暴落は歴史に残るレベルなんだとか。

「億り人」と言われていた仮想通貨で利益を出す方たちも、今回の暴落で「税金だけが残った」なんて人もいるんです。

仮想通貨は「具現化されないもの」。

まだまだ、仮想通貨が再浮上するとはいえませんよね。

 

投資はご計画的に。