バランスボールでお手軽ダイエットは可能?

バランスボール ダイエット

ダイエット中に停滞期に入ると、「お手軽な方法でダイエットしたい」という甘い考えが脳に浮かんでしまいますよね。

そんな時にプチプラでも利用したいのが「バランスボール」。お手軽でとにかくウエスト周りのダイエットをしたいのであれば、試して損はなしです。

そんなバランスボールダイエットでのコツはあるんでしょうか?

 



◆バランスボールに座るだけで痩せるは嘘?

一時期、「座っているだけで痩せる!」と大人気になったバランスボール。

ただ女性の場合体幹の筋力がもともと弱い傾向があるので、「続かない」であるとか、「腰が痛くなった」という理由で断念をしてしまう人も多いんです。

そもそも「バランスボールに座っているだけで痩せる」はけっこう難しいところ。実際には、カロリーコントロールや他の運動をすることが理想ですよね。

ただ、座り方次第では、バランスボールだけでも大きなダイエットになるんです。

 

◆バランスボールに座っているときの正しい姿勢


By:http://www.stabilityballreviews.com

ただ“なんとなく座っている”という状態では、バランスボールでのダイエットも効果が薄れてしまいます。

効果的な座り方は、しっかりと骨盤を意識すること。

そもそも、お腹周りに脂肪がつきやすいのは、骨盤がしっかりと前傾した状態ではないからなんです。

理想は、しっかりと骨盤を前傾させてからヒップを上げるような座り方。ただし、あまりに骨盤の前傾を意識しすぎると、腹筋が弱い女性は腰痛の原因にもなってしまうんです。

  1. 骨盤前傾で座る意識
  2. 腹筋を意識する
  3. あまり背中には負担はかけないように意識
きちんと座っているようでも、普段、猫背であったりすると、バランスボールに長時間座るのもつらくなってくるはずです。

 

◆バランスボールでは「体重の変化」より「体型の変化」が

エクササイズでも利用されるバランスボールですが、とにかく“お手軽さ”を重視するのであれば、「長時間・正しい姿勢で座り続けること」でもかなりシェイプアップ効果が期待できます。

ただし、体重の劇的な変化を期待するのであれば、有酸素運動を組み合わせるのも大事です。

バランスボールのダイエットで期待が大きいのは、体幹のインナーマッスルが強化されて“くびれ”や“スリムなウエスト”になれること。

どちらかといえば、「見た目の変化」を期待できるのがバランスボールでのダイエットなんです。

 

まとめ

バランスボールでのダイエット単独では“大きな体重の変化”は難しいですが、継続さえすればくびれたウエストも手に入りやすい状態になれます。

合わせて入浴前に体幹トレーニングを行うと、ポッコリお腹の解消にもなるので効果的。

継続を大事にして、お手軽なバランスボールダイエットできれいになりましょう。