モデル

Kōkiデビュー!キムタク次女につきまとったダウン症のガセ

キムタク次女といえばネットでは昔から“トレンドネタ”が騒がれていましたよね。

「キムタク次女の光希ちゃんがダウン症ではないか?」

もちろん、根も葉もない噂だったにも関わらず、通院している病院の噂や入院歴はネットでまたたく間に広まってしまったんです。

15歳にして170cm、推定体重も50kg程度と“抜群スタイル”なキムタク次女・Koki(Kōki)さんのデビューなものの、これで払しょくされたはずの“キムタク次女”のダウン症。

なぜこれまで、「キムタク次女がダウン症」という“嘘情報”が流れたのか、その理由を紹介しています。

 

◆ジャニーズアイドルの子どもに流す「ダウン症」というガセ情報

キムタク次女 ダウン症

ジャニーズアイドルのファンといえば、熱狂度が半端なく高いもの。

近藤真彦さんに至っては、お子さんの「ダウン症」のガセが流される以外に「母の遺骨事件」など闇が深い事件は多いもの。

女性ファンが中心となって支えるジャニーズタレントなので、結婚に関してもかなり厳しいところがあるのも事実ですよね。

ジャニーズタレントに特に多い「既婚女性による風説の流布攻撃」は、過去からネット上で広がりやすいんです

ジャニーズタレントの結婚と同時に、そのショックを“怒り”にぶつける元・ファンは多く、ジャニーズタレントの奥さんが誹謗中傷の標的になりやすいですよね。

 

◆Kokiデビューで「ダウン症」ガセは確定的に

キムタク次女 ダウン症 ガセ

15歳ながら170cmの身長にという抜群スタイルに、まだ少し幼い表情を残すKōkiさん。細身のスタイルの推定体重は50kg。

抜群スタイルを称賛する声が多く、他にも「顔がキムタクそのもの」「キムタクの女装版」「笑うところが可愛すぎる」と様々な声もありますよね。

ネットの噂も様々で、もともと「キムタク次女がダウン症」というネットでの憶測は多いですよね。

トレンドアフィリエイトブログでは未だ「キムタク次女がダウン症?」という誹謗中傷のブログが多い状況に“悲しみ”を覚える人も多いのでは?

ただKōkiさんデビューにより、素敵な笑顔と抜群のスタイル・将来有望性を見るに「ダウン症」というのがガセ情報だったということが分かりましたよね。

 

◆キムタク次女デビューでショックを受ける木村拓哉ファン

キムタクの娘がキムタクすぎる!
遺伝子ってすごい✨
pic.twitter.com/RAK75vppt2

— みん (@mindct) 2018年5月27日

スタイル抜群・美女だと話題になるKōkiさんですが、そもそも「ダウン症の噂」を流していた層がショックを受けているんです。

これまで木村拓哉さんといえばTVやラジオで「自身の家庭」を語ることはなかったもの。

このことでキムタクファンからすれば「工藤静香の影」をイメージすることなく応援できていたものの、今回のキムタク次女のデビューにより「あ、やっぱり結婚していたんだ……」というショックを受ける女性も現実にいるんです。

ジャニーズタレントファンの怖いところが、熱狂的なファンすぎて「結婚相手への攻撃度」が増してしまうこと

すでにキムタク長女が17歳、キムタク次女でモデルデビューするKōkiさんが15歳ということを考えると、「ダウン症というガセ情報」を流してきた“キムタクファン”も、そろそろ自身の姿をしっかりと鏡で確認するほうがよいといえるでしょう。

 

まとめ

もともと「トレンドアフィリエイトブログ」は、嘘の情報を流すことが多いものとして知られているんです。

キムタク次女の「ダウン症のガセ情報」は、キムタクファンによる“嫉妬心”から始まり、ネットによって広がってしまったもの。

すでに笑顔で動く様子がYoutubeで見ることができるように、ダウン症なんてことが“ありえない”キムタク次女・Kōkiさんの活躍を今後も応援したいですよね。

恋愛

気持ちは嬉しいけど…こんな残念な暴走彼氏は嫌だ

好きすぎて気持ちが空回りしてしまう、そんな状態になってしまうことは誰にでもあることです。
だからこそ、「気持ちは嬉しいけど…」と思いつつも、彼氏のそんな行き過ぎた行動に困惑してしまうことも多くあるのではないでしょうか?
最初のうちだけなら可愛いものの、そんな不器用な状態がずっと続くとさすがに嫌にもなってしまいますよね。
今回は、そんな「好きすぎて残念な彼氏」の行動を3つまとめてみました。
 
◆今後どうするつもり?プレゼントあげすぎ

もうとにかく彼女の尽くしたいという気持ちが強すぎて、何…

アーティスト・芸人

「誰が?」の声…元・虹コン重松由佳 セクハラ被害を提訴か

虹コンこと「虹のコンキスタドール」というアイドルグループは、アイドルファンの間では密かに人気のあるグループ。
ピクシブ株式会社運営のアイドルグループで、アイドル好きには知名度が高いグループでもあるんです。
そんなピクシブ株式会社運営の虹コンの元メンバーの「セクハラ被害」が大々的に報じられていますよね。
すでにネット上では「重松由佳がA子さんではないか……」と噂に。
当時、医学部を目指した頭脳明晰・容姿端麗なのに関わらず、セクハラ被害のフラッシュバックで33kgに落ちた被害は、報じられるよりも大きいも…

恋愛

意外としっくりくる?遠距離恋愛のいいところ3つ

遠距離恋愛と言われれば、どんなイメージがありますか?あまり良いイメージがない人の方が多いかもしれません。遠距離と聞けば、

浮気されそう
寂しい
別れの原因にもなる

など、嫌な印象がつきまとうものですし、できれば誰だって近距離でラブラブでいたいですよね。
でも意外と遠距離って良いところもあるものなんです。
やむを得ず遠距離になってしまったのなら、寂しがってばかりいるのではなく、せっかくなら遠距離の良いところを見つけてみませんか?
 
◆慣れれば結構気が楽?遠恋は束縛がない

遠距離恋…

時事

木口亜矢の夫も?車内で自分を慰めてしまう人がヤバイ

「いったい、車で何をしていたの?」
木口亜矢さんの夫であり、元プロ野球選手でもある堤裕貴さんが起こしてしまった「公然わいせつ罪」。
自身の車内で「下半身を露出していた」という事件ですが、公にはなっていないものの「堤裕貴さんが一人で下半身を触っていた」という線が濃厚なようなんです。
一人、車内に閉じこもり女性が行き交うスーパーの前で“慰めていた”と言われがちな木口亜矢さんの夫・堤裕貴さんですが、こういった少し変わった趣向の男性って周囲にも普通にいるものですよ。
 
◆木口亜矢の夫・堤裕貴と木…

アーティスト・芸人

GACKT 週刊新潮に対して怒り!日本の未来を憂う

ミュージシャンでもあり、現在では世界を股にかけるビジネスパーソンでもあるのがGACKTさん。
今回、自身のブログでも「週刊新潮の報道」に対して“怒りの反論”をしていることが話題になっているんです。
日大アメフト問題にも揺れる中、「日本の若者が夢を見ることができない国」と“週刊新潮のゴシップの内容”に対して怒りを滲ませていますよね。
 
◆週刊新潮「GACKT個人事務所倒産」といったゴシップを踊らせていた

「GACKT 個人事務所の倒産」と報じた週刊新潮に対して、GACKTさんは自身のブロ…

恋愛

デートのドタキャン…できる?言い訳集4選

大好きな彼とのデート……。でも、「正直行きたくない…」と当日になって気乗りしなくなってしまうことって、意外とあるものですよね。
でも当日になってドタキャンなんてなかなかできるものではないでしょう。そんなとき、一度くらいは嘘の言い訳をして…なんて考えてしまうことは誰も一度はあるはずです。
ではそんなとき、言い訳として使えるものはどんなものがあるのでしょうか? 多用は厳禁ですが、どうしても必要なときに使える言い訳をまとめてみました。
 
◆単純な体調不良でドタキャン

「頭が痛くて…」「お腹が…

時事

日大の司会者が炎上!緊急会見で火に油を注ぐ…

「危機管理学部」を創設しながらも、アメフト問題での“緊急会見”で何の進展もなかったこと以上に話題になっていることが「日大司会者の炎上具合」なんです。
『炎上阻止!日大アメフト記者会見で分かる「正しい謝罪」の内容』とは真逆に、むしろ火に油を注ぐ状態になった今回の「日大緊急会見」。
ネットでは大炎上し、「最低の記者会見」との意見がネット上に多いですよね。
 
◆現役選手も激怒!「嘘で塗り固められた記者会見」
悪質タックル問題で「傷害の捜査」にも進んでいる、今回の日大アメフト問題。
実は日大アメ…

俳優・女優

武井咲 復帰で「引退報道」を否定!SNS上での批判の声の理由

EXILEのTAKAHIROさんとの“授かり婚”での育児休暇を経て、オファー殺到女優の武井咲さんが復帰することが決まりましたよね。
復帰時期は2018年7月で、映画「るろうに剣心」にも出演予定と、すでに女優業のスケジュールが埋まってきているとも言われています。
そんな武井咲さんの復帰でSNS上ではマスコミに対して批判の声も。
これまで武井咲さんへのマスコミによる“謎のバッシング”は多かったですが、「引退報道」を決めつけた声に対してネット上では呆れにも近い「批判」が集まっているんです。
 

「筋肉チルドレン」で誹謗中傷が止まらない日大の井上コーチ

LGBTへの理解は深まれど、未だに日本では根深い闇なのが「ホモネタ」だと言われるんです。
ゲイへの理解はあまり深くない日本なので、過去には「TDN」で世間をにぎわせた野球選手がいたのも事実。その理由が「ゲイビデオ」に出ていたことなんです。
『炎上阻止!日大アメフト記者会見で分かる「正しい謝罪」の内容』で紹介したように、宮川選手に“称賛の声”が集まった謝罪会見の裏では、宮川選手を陥れたとされる井上コーチが「筋肉チルドレン」で話題に溢れ、今後もネット上のおもちゃにされてしまうことが確定してしまっています…